黒ニンニク 白ニンニク

スポンサードリンク

黒ニンニクと白ニンニクの違いは?

黒ニンニクとは、ニンニクの実が黒い色をしたニンニクです。
各社から発売されているにんにく卵黄にも黒ニンニクを使ったものが最近では増えているようです。

 

黒ニンニクは自生しているものではなく、普通の白いニンニクから作ったものって知ってましたか。

 

黒ニンニクは白ニンニクを高温、高湿という一定の環境に3〜4週間置いて、熟成発酵させたものなんです。
発酵させることで、ニンニクに含まれるたんぱく質の一部はアミノ酸に、炭水化物は果糖に分解されます。
発酵熟成し白ニンニクが黒いにんにくに変化するのです。

 

黒ニンニクは味もまた変化します。
白ニンニクの味からは想像も出来ないような甘酸っぱい、レーズンやプルーンのような味がするから驚きです。
発酵熟成することで糖度が増えることでこのような味になるそうです。

 

黒ニンニクが変化するのは色や味だけではありません。
栄養価も白ニンニクにくらべ高くなることが知られており、
特にポリフェノールは5〜10倍もの量になり、黒ニンニクになる過程でS−アリルシステインというアミノ酸が生成されます。
これらは、普通のニンニクに比べると、約10倍もの抗酸化力があるのです。

 

白ニンニクと比較して高い効果が期待できる黒ニンニク。
黒ニンニクを使用したにんにく卵黄も発売されているので、より効果を実感したい!という人は試してみる価値があるかもしれませんね。