なぜ卵黄 体にいい

スポンサードリンク

なぜ卵黄が体にいいの?

卵が栄養の優等生というフレーズは今でもよく耳にします。

 

もちろん卵には栄養がたっぷり詰まっていますが、
特に卵黄にはビタミンCとナイアシン以外全ての栄養が含まれているので栄養面では先ほどのフレーズ通りの栄養の優等生なんですね。

 

そんな栄養の優等生の卵ですが、コレステロールが多く含まれているので、
コレステロール値が高い人やコレステロールを気にする人は
卵を食べてはいけないと言った、どちらかというと悪いイメージで話されることもしばしばあります。

 

ところが、卵にはコレステロールを多く含んでいますが、
卵をたくさん食べても血液中のコレステロール値が上がる事は無いというデータが最近になって発表されました。

 

これは卵黄に含まれているレシチンという成分が血管内にある悪玉コレステロールを排出してくれるからなんだそうです。
このレシチンを常に新しい状態で補給することが出来るのはまさに卵黄なんですね。
その他にもレシチンは、アンチエイジングや成人病予防にも効果があると言われています。

 

また、卵黄にはコリンと言う成分も含まれています。
このコリン、最近の研究結果では脳を活性化し、痴呆の予防にも効果的だと注目されているそうですよ。
さらに体内で神経伝達物質であるアセチルコリンに変化し、記憶力や学習能力をアップさせる事も判っています。

 

 

それに、卵黄には多く含んでいるイメージはありませんが食物繊維を豊富に含んでいます。
このため便秘予防や体のなかにある悪い物質を体外へ排出してくれる働きもあります。

 

もちろん栄養が高いからといって食べ過ぎることはどんな食品でもよくありませんが
コレステロール値が高いからといって卵を食べないというわけではなく栄養の面からも卵は適度に摂取したほうがよいといえるでしょう。