にんにく アリシン

スポンサードリンク

にんにくのアリシンとは

にんにくで気になるあの臭い、あの臭いの元はアリシンという成分が原因です。
アリシンは、にんにくの他、玉ネギやニラ、らっきょう、エシャロットなどにも含まれ、刺激のあるにおいや辛味の成分になっています。

 

このアリシン実はにんにくを刻むことで発生する化合物って知ってました?
そもそもにんにくにはアリインという無臭の化合物と、アリナーゼという酵素がそれぞれ別の細胞に含まれています。
そしてにんにくを刻むことによってアリイン細胞とアリナーゼ酵素細胞が合わさりアリシンに変化します。
そしてアリシンに変化することによってにんにくのあの独特の臭いが発生します。

 

ただこのアリシン、体にはとっても良いことで知られています。
まず、挙げられるのが滋養強壮。
アリシンは、ビタミンB1と一緒に摂取することで、新陳代謝がアップし、慢性疲労や筋肉疲労の回復につながります。
にんにく卵黄の効果で代表的な疲れにくい、スタミナがつくといったことが期待できます。

 

次に、アンチエイジング効果。
アリシンには老化防止に欠かせない抗酸化作用がある上、卵黄に含まれている中性脂肪と合体し、脂質アリシンという成分に変化。
これが血管内の老廃物をデトックスし、血液をサラサラにします。
そのため、血液中の脂質を減らし、糖尿病、高血圧、動脈硬化、ガンの予防にもよいとされています。

 

他にもアリシンにはさまざまな効果があるとされています。
あの独特のにおいのもととなるアリシンですが、体にも美容にもとても効果がある欠かせない成分のようです。

 

卵黄と結びつくことでさらに効果を発揮するアリシン。
にんにく卵黄は伝統的な健康食品ですが、すばらしい効果が期待できるもののようです。