にんにく 体にいい

スポンサードリンク

なぜにんにくが体にいいの?

にんにくが健康に良いことはどなたでも一度は聞いたことがあるでしょう。
でも、どうしてにんにくが体に良いの?と聞かれて、理由を明確に答えることが出来る人ってそう多くはいないでしょうね。
というわけでにんにくがなぜ健康に良いの?という理由を書いてみたいと思います。

 

にんにくにはいろいろな効果が期待できるのですが、まずは疲労回復です。
これはにんにくに含まれるビタミンB1が、疲労回復に役立つビタミン類だからなんです。

 

でもにんにくがビタミンB1をただ含んでいるだけではないんです。
このビタミンB1は水溶性の為に体内に長い間留めておく事が難しいビタミンです。
ですが、にんにくの臭いの元でもある「アリシン」という成分ががビタミンB1と結合して
「アリチアミン」という物質に変化し、脂溶性となります。

 

「アリチアミン」は脂溶性のため長期蓄積することが出来るようになり、
体が疲れた場合には体が「アリチアミン」を取り出して利用出来るようになるのです。

 

こうすることでにんにくを食べると疲れにくくなることが可能なんですね。

 

 

次ににんにくの効果が期待できる作用として強い抗菌作用や免疫力増強作用です。
先ほどの「アリシン」という成分には強い抗菌作用や免疫力増強作用もあるんです。
そのため病気になりにくい体を作ったり、動脈硬化予防の作用もあるんですよ。

 

最後ににんにくの効果が期待できる作用として新陳代謝を活発にし血圧降下の作用です。
にんにくには「スコルジニン」と言う成分も含まれています。
この「スコルジニン」は細胞の働きを活発にしたり、血流を改善したりするとされています。
そのため新陳代謝を活発にし血圧降下の作用も期待できます。

 

ビタミンB1、「アリシン」、「スコルジニン」を含んでいるにんにくを少量ずつ食べることによって
疲労回復、滋養強壮や食欲増進、血圧降下、さらには、コレステロール値の低下まで効果が期待出来るわけですね。