にんにく卵黄229−55 特徴 口コミ

スポンサードリンク

にんにく卵黄229−55の特徴と口コミ

にんにく卵黄は南九州に伝わる伝統的な健康食品ですが、その地元の鹿児島の企業「てまひま堂」が製品化したもの
それが「にんにく卵黄229−55」です。

 

「にんにく卵黄229−55」は2010年のモンドセレクションを受賞した世界的にも評価の高い商品です。
「てまひま堂」の企業理念である「あくなき本物の追求」の下、にんにく卵黄を全国の方に知って欲しくてこのサプリメントを製品化しました。
こだわりにこだわりぬいた為、製品化されるまで54回もの試作を行ったということで、モンドセレクションを受賞したのも理解できますね。

 

そのこだわりは

 

にんにく・・・土壌から収穫後までしっかりと管理されている青森県にある契約農家で作られている国産のにんにくを使用

 

卵黄・・・・・宮崎県のたまご牧場の有精卵を使用していて、生で食べても大丈夫なほど安全性も新鮮度も高い物を使用

 

と原料にも徹底的にこだわっているので健康にいいのはもちろんですが、安心して飲めることも評価できますね。

 

さらに「にんにく卵黄229−55」のこだわりはカプセルにもあります。
通常ににんにく卵黄サプリメントにカプセルは胃で溶けてしまうので、飲んだ後ににんにくの風味を感じてしまうことが
あるのですが、「にんにく卵黄229−55」はとうもろこしたんぱくでソフトカプセルをコーティングしている腸で溶ける腸溶性カプセルなんです。

 

そのため飲んだ後も臭いを気にすることがなくなったという人が多いのも特徴なんです。